忍者ブログ
Admin*Write*Comment
杉並堀ノ内クリニック 小児科ブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
例年秋ぐらいから流行するRSウイルス感染症が、少しずつ増えてきているようです。

乳児の、肺炎や気管支炎の原因になるウイルスです。

1才未満の赤ちゃんで、激しいセキこみで呼吸が苦しそうなときは、早めに受診して下さい。

粂川
PR

代表的な夏かぜの、ヘルパンギーナの患者さんが増えています。

急な高熱とノドの痛みが、主な症状です。熱は、1日か2日で自然に下がります。

高熱でも比較的元気なことが多いので、涼しい部屋でゆっくり休ませてあげて下さい。

粂川

最近になって、水痘(みずぼうそう)の患者さんが増えてきています。

予防接種を打ってるかたは、たいてい軽く済んでいるのですが、希に予防接種を打ってない方もいて、重くなっている方もいます。

予防接種を受けそびれている方は、予防接種をお急ぎ下さい。

粂川

今年は、5年ぶり位の「おたふくかぜ」の流行の年だそうです。

多くは1週間程度で自然治癒する、ムンプスウイルスの感染症ですが、髄膜炎や難聴などの合併症が問題になります。

20代や30代の成人でもかかることがありますが、成人の症状はより重く長引く傾向にあり、不妊などの危険性もあります。

予防接種が、最も有効な予防法です。

自費になってしまいますが、予防接種を2回受ける事が勧められています。

粂川
小学生の腹痛について、質問がありました。

おう吐や下痢、発熱がなく、腹痛のみを訴えるのであれば、便秘による腹痛が最も考えられます。

食事は、好きなものでいいので、充分な水分と一緒にとらせて下さい。

腹痛が強いようならば、便秘薬や浣腸を試してみると良いと思います。

粂川
近隣の保育園などで、おう吐や下痢を主症状とする、急性胃腸炎が増えています。

やや季節はずれですが、ノロウイルス胃腸炎の流行の可能性があります。

手洗い等の、感染予防に留意して下さい。

粂川

近隣の保育園や幼稚園を中心に、高熱と目やにを主症状とする、アデノウイルス感染症が流行しています。

鼻やノドの奥の粘膜をとる、10分位でできる迅速検査があるのですが、熱の出始めだと正確に検査できません。

熱が3日以上続いて症状が疑わしい時に、検査をするのが妥当でしょう。

ただし、アデノウイルスだとわかっても特効薬はないので、検査を急ぐ必要は無いでしょう。

粂川

  • ABOUT
杉並堀ノ内クリニック小児科医が情報をお届けします
  • プロフィール
HN:
粂川好男
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1961/04/22
職業:
小児科医師
趣味:
育児、食べ飲み歩き
自己紹介:
小児科専門医
日本小児科学会
日本小児アレルギー学会
日本小児感染症学会
日本周産期・新生児学科
  • カレンダー
07 2016/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
  • 最新コメント
[06/24 まかろん]
[06/23 まかろん]
[06/23 まかろん]
[04/20 まかろん]
[04/19 まかろん]
  • バーコード
携帯電話でバーコードを読み込むと、かんたんにアクセスできます
△クリックでURLをメール送信することもできます
  • 最新トラックバック
  • カウンター
Copyright © 杉並堀ノ内クリニック 小児科ブログ All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]