忍者ブログ
Admin*Write*Comment
杉並堀ノ内クリニック 小児科ブログ
[6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15]  [16
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

近隣の保育園や幼稚園を中心に、高熱と目やにを主症状とする、アデノウイルス感染症が流行しています。

鼻やノドの奥の粘膜をとる、10分位でできる迅速検査があるのですが、熱の出始めだと正確に検査できません。

熱が3日以上続いて症状が疑わしい時に、検査をするのが妥当でしょう。

ただし、アデノウイルスだとわかっても特効薬はないので、検査を急ぐ必要は無いでしょう。

粂川

PR
もうすぐ梅雨になるこの時期、蚊の虫さされの患者さんが、増えてきます。 虫よけスプレーなどを上手に使って、上手に虫さされ対策をして下さい。 虫よけ剤は、持続時間の長い、「ディート12%」のものがお勧めです。 粂川
近隣の保育園や幼稚園で、アデノウイルス感染症が増えてきています。

主な症状は、発熱ですが、軽いセキや鼻水、下痢、目やに等をともなうことが多いのですが、これと言って普通の風邪と区別する症状がありません。

あまり重症化することもなく、自然治癒する感染症ですが、発熱の期間が4~5日位と長いのが特徴です。

治療薬は無いのですが、熱が長く続くときに、診断の意味で迅速検査をすることがあります。

粂川

5月に入って、蚊の活動が活発になってきて、虫さされが増えています。

ジカ熱やデング熱が話題になっていますが、日本脳炎も心配です。

虫よけスプレーなどを上手に利用して、無用な虫さされを予防しましょう。

粂川

連休中の小児科は、暦通りにお休みしていますが、5/6(金)は1日、5/7(土)と5/8(日)は半日、通常と同じく診療しています。

粂川
アスベストの健康被害について、質問がありました。

確かに専門外なのですが、長期間に渡ってアスベストの暴露を受けた場合に、呼吸器系の健康被害を及ぼす可能性がある、のような理解で良いと思います。

具体的に言うと、住環境や職場環境で数年間に渡って接触したときに、問題になるものです。

多少の接触があったからといって、問題になるものではありません。

おそらく私の子供時代には、アスベストの害はわかっておらず、普通に身の回りに存在して日常的に接触していたと思われます。

粂川

そろそろ幼稚園や小学校の新学期が始まっていますが、この時期の小児科外来は、流行の感染症も少なく、比較的静かです。

予防接種や健診など、たまっているものがあれば、この時期がチャンスです。

予防接種の相談だけでも、外来でできます。お気軽にお問い合わせ下さい。

粂川

  • ABOUT
杉並堀ノ内クリニック小児科医が情報をお届けします
  • プロフィール
HN:
粂川好男
年齢:
59
性別:
男性
誕生日:
1961/04/22
職業:
小児科医師
趣味:
育児、食べ飲み歩き
自己紹介:
小児科専門医
日本小児科学会
日本小児アレルギー学会
日本小児感染症学会
日本周産期・新生児学科
  • カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
  • 最新コメント
[06/01 Leonida]
[05/23 スーパーコピー時計b2kopi.com]
[04/18 nonprofit]
[03/31 venture]
[03/29 desire]
  • バーコード
携帯電話でバーコードを読み込むと、かんたんにアクセスできます
△クリックでURLをメール送信することもできます
  • 最新トラックバック
  • カウンター
Copyright © 杉並堀ノ内クリニック 小児科ブログ All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]